TL;DR

  • !default で定義されているvariableは @import 前に定義する

_variable.scss

ドラえもん 知らない

cssに変数があることはわかっていたつもりですが、上書きの用法がよくわかっておらず調べたので記録。

$a: #777 !default

$a は、評価される前に同様の変数が定義されていれば上書きされないということ。 定数として1ファイルに定義してもらえることが多いが、多段 @import などはどこまで遡って上書きなどできるのかなどは調べていない。

Refs

css scss

slack-channel-active-reminder

書いたもの: https://github.com/9renpoto/slack-channel-active-reminder

image

slackの部屋は便利に増やしていけますが、 同じような部屋が散乱したり、入ってみたものの活動が薄かったり様々あるので 一定時間発言がない部屋に対してメッセージを送りつけるようなものを書いた。

Usage

Cronなどと合わせて仕込んで良いタイミングで発言がなさそうなところに対してメッセージを送る。

const CronJob = require('cron').CronJob
const Reminder = require('slack-channel-active-reminder').default

const reminder = new Reminder()

const job = new CronJob({
  cronTime: '0 00 18 * * 1-5',
  onTick: function () {
    reminder.postRemindMessage()
  },
  start: false,
  timeZone: 'Asia/Tokyo'
})
job.start()

中身は @slack/client を使っているだけ。 便利なAPIが多いと助かる。

追記

https://github.com/9renpoto/slack-channel-active-reminder/pull/9

flow gen-flow-files が良いものをだしてくれないため外す。 早く1.0が待ち遠しい。

slack javascript